履歴書の住所・連絡先

住所・連絡先の書き方

住所の書き方

住所を書くときは、省略をせずに正式な住所を記入します。
「3−56」という書き方でなく「3丁目56番地」というように略さず書きます。
正式な住所の記載方法とは、住民票に載っている住所です。
現住所と住民票の住所とが違っている場合は、現住所を記入します。
またマンションやアパートにお住まいの場合、マンション名・アパート名、部屋番号も忘れずに記入してください。

連絡先の書き方

人事担当者が緊急の場合に、確実に連絡を取れる連絡方法を明記します。
この連絡先欄は、基本的に両親の連絡先を記入します。
特に無い場合は空欄でも構いません。

【こちらの記事はチェックしましたか?】

履歴書や職務経歴書を自動で作成してくれる

<スポンサードリンク>