履歴書の資格・趣味欄

資格・趣味・特技の書き方

資格の書き方

資格は、その人の能力を客観的に評価できるものです。
また資格を持っているということは、自己啓発の意欲が感じられ、人事担当者の評価もあがります。
持っている資格は全て記入しましょう。
お花、お茶、スポーツ関連など、趣味が高じて取得した資格も記入します。
取得に向けて勉強中のものがある場合は、それを記入してもよいでしょう。
また自動車免許などの資格も忘れずに記入します。
会社によっては免許が必要なところもあります。記入していないと持っていないと判断されますので、注意してください。

資格を記入するときは正式名で書きます。
【資格欄記入例】
○普通自動車第一種運転免許取得
○日本商工会議者簿記検定3級合格
○現在文部省認定英語検定2級に向けて勉強中

趣味・特技の書き方

面接時の話題として、この趣味・特技からいろいろな話が広がることが多いので、内容を考えて丁寧に記入しましょう。
また趣味・特技のジャンルだけを書くのでなく、どのくらいのレベルかを具体的に書くとそれだけでインパクトが強くなります。
例)
「読書。ビジネス書、特にマネジメント関連の書物が好きです。」
「英会話。ビジネスで交渉が可能なレベルです。」
「暗記力。初対面の相手でもすぐに名前を覚えることができます。」など。
また趣味となるスポーツなどもがある場合は、こちらも必ず記入してください。
なぜか人事担当者の受けが良いようです。
ウォーキングなど、軽いスポーツでも良いでしょう。

【こちらの記事はチェックしましたか?】

履歴書や職務経歴書を自動で作成してくれる

<スポンサードリンク>