職務経歴書とは

職務経歴書の書き方

職務経歴書とは

職務経歴書は、履歴書に記載されていない、より詳細なキャリアをアピールするために欠かせないツールです。
自分はその会社でどんなことができるのかを、過去の職務経験・実績を説明することで、人事担当者にアピールします 。

履歴書と違って書式、フォーマットに決まりはありませんが、書き方により印象は全く違うものになります。
文章作成能力が問われますので、効果的な書き方、積極的に自分の経歴をアピールする文章を考えてから作成しましょう。

職務経歴書のポイント

●PCやワープロソフトで作成し、A4で2枚程度、多くても3〜4枚程度が読みすいでしょう。
●箇条書きで、簡潔に表現します。
●文末は言い切り型(「○○を経験。」「○○を達成。」)で統一します。
●できる限り多くの情報を記入します。
●一般的でない略語や社内用語の表現は避け、分かりやすい言葉に置き換えます。
●レイアウトや段落は統一感を持たせます。

職務経歴書の書き方

職務経歴書の書き方に決まりはありません。
しかし一般的な書き方として、【編年体式】と【キャリア式】があります。

●編年体式職務経歴書
年代順に、時系列に自分の経歴を記載する書き方です。
最も一般的な書き方で、年月が見出しになります。
その後に入社、配属、異動、昇進、退職などの項目を入れます。
>>職務経歴書・編年体式サンプル

●キャリア式職務経歴書
職務分野別に職務内容をまとめる書き方です。
職務内容を見出しにします。
経歴が一目で分かりやすいため、複数の分野の経験を持っている人にはこのキャリア式が適しているでしょう。
>>職務経歴書・キャリア式サンプル

【こちらの記事はチェックしましたか?】

履歴書や職務経歴書を自動で作成してくれる

<スポンサードリンク>